自分だけのオリジナルカスタムキャップを作ろう !! "オリジナルイニシャルDAD HAT"

★ 選手着用 !! 2017 NFL STADIUM SPORT KNIT BEANIE ★

Friday, June 24, 2016

Sports"NBAファイナル終了からドラフト、そして移籍"

ウォリアーズ圧倒的有利と思われていた
NBAファイナルは最終的には1勝3敗からの
3連勝というNBAファイナル史上初の快挙を
キャバリアーズが成し遂げクリーブランドに
52年振りのプロスポーツチームの優勝をもたらせました。


試合終了直後のこのレブロンは今後NBAファイナルの
度に映像や写真で紹介される"歴史"となること
間違い無しですね。

1勝3敗からのレブロン&アービングの
集中力は本当凄かったですね。
近年あまり良しとされていない個人技ですが、
これぞNBA、これぞスタープレイヤーって感じでしたね。

レブロンはこの最後の3戦の前に
映画"ゴッドファーザー"を繰り返し観て
戦闘モードに入っていたようです。

確かに終止表情を変えず冷静に淡々と
プレーする姿はまさにマイケル コルレオーネ、
冷静の中に恐怖すら感じる冷酷な目をしておりましたw

ゲームを圧倒的に支配するレブロン、
今シーズン話題を全てかっさらった
ウォリアーズのエース、ステフィン カリーを
まるで子供のように跳ね飛ばしながらの
ワンオンワンは"キング"ここに健在といった映像でした。


この勝利でレブロンはまだまだNBAの主役は
俺だ、と証明して魅せましたね。

試合後の歓喜をじっと見つめるウォリアーズの
エース、ステフィン カリーは来季必ず雪辱を
果たしにやってくるでしょうね。


そして日本時間の今日(現地23日)
2016 NBAドラフトが行われました。


注目のドラ1は76ers。ルイジアナ州立大の
ベン シモンズ(スモールガード)。

自分はまだカレッジまで追えていないので
この選手ココ来たか!って楽しみは
まだできていないのですが即戦力、新人王の
最有力選手と観ておきましょう。

そんなドラフト11位、マジックから指名を受けた
ドマンタス・サボニスは元ブレイザーズに所属した
アルヴィーダス・サボニスを父親に持つサラブレット。

リトアニア人で大学はゴンザガ大
そう、今春に宮城・明成高校を卒業した
バスケットボール日本代表候補の八村塁(18)が
秋から進学予定の大学です。

あのジャズのジョン ストックトンがプレーした大学ですね。

と話しを戻すとそのサボニスはマジックから
指名を受けた後、すぐに
オクラホマシティサンダーにトレードされました。

しかもその内容が

(サンダー)
サージ イバカ
↓↑
(マジック)
ビクター オラディポ
アーサンイリヤソバ
ドマンタス・サボニス

なんと...。


これは辛すぎる。。。。

せめて来季だけでもサンダーでチャンピオンを
目指して欲しかった。。。

「KDの残留を信じている。」なんてコメントも
残していたのにまさか自分が放出されるとは。。。


フランチャイズプレイヤーとして残るもんだと
思ってはいましたが。。ハーデンの時のような
ショックで今日はテンション下がってます。。。

しかしこれは前向きにいきましょう。

ハーデンを放出した際に獲得したドラフト権で
アダムスを獲得したようにこのルーキー・サボニスは
きっとやってくれることでしょう。

なのでKD、残留期待してます。

そして昨日最高に驚いたのは


2011-12シーズンMVP、デリック ローズがニックスへ。

内容はこんな感じ

デリック ローズ
ジャスティン ホリデー
2017年ドラフト2巡目指名権
↓↑
ホセ カルデロン
ロビン ロペス
ジュリアン グラント

ぬーーーーーー。

ニックスファンとして嬉しいような
心配なような複雑なところですよね??

なんてったってひたすら怪我してますからね。

補強ポイントのPG、個人的には
マイク コンリー(グリズリーズ)、
ジェフ ティーグ(ホークス)辺りを
いって欲しかったので期待以上の
ビッグネームでしたね。汗

ティーグは結局ペイサーズですか。
いーなー、ペイサーズ。。。w

と言っても元MVP、シーズン通して
怪我無くプレーできれば新たなチームでの
復活劇も十分に期待できますからね。

背番号は学生時代の25に決まったようですね。

ロペス放出してしまったのでセンターの補強が急務ですね。

是非、同じくブルズからFAのニューヨーク出身
ジョアキム ノアを!!!!


こちらも怪我で今季ほぼ出場できなかったので
新天地での復活劇魅せて欲しいです。

何と言ってもカーメロ、ローズ、ポルジンギスと
少しクール過ぎるのでノアのエナジーで
ニューヨークを熱くして欲しいですね。

といきなり大きなトレードがあったNBA、
まだまだストーブリーグは盛り上がりそうですね。

今後の各チーム、選手の動きに注目ですね!

(ザ グレート ラクゴ)