自分だけのオリジナルカスタムキャップを作ろう !! "オリジナルイニシャルDAD HAT"

★ 4月27~29日までフィラデルフィアで開催されるNFLドラフト会議アイテムが入荷 !! ★

Thursday, March 3, 2016

Soccer"移籍市場"

最近では、アジアのクラブの大型補強が話題になってますね。
今回は、Jクラブもフリーで獲得可能な10人の選手たちを紹介します!!
現役バリバリの選手とは、言えませんが
かなりの強者ばかりです!!
 
1人目 ヨン・アルネ・リーセ
 
 
リバプールのチャンピオンズリーグ優勝に貢献した左SBは、35歳でアジアへと活躍の場を移しています。
プレミアリーグでの強烈な左足キックは健在で、スピードの衰えこそあるもののまだ年間を通して戦えるみたいです!!
強烈な左足キックを生で見たい!!
 
2人目 ゲオルギオス・サマラス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
セルティックで中村俊輔とともにプレーした長身FWは
30歳にして所属クラブがなくなりました。
昨夏フリーになるとサンプドリア移籍で一旦は合意に至りましたがメディカルチェックで問題が見つかり破談になりました。
その後、背中の負傷から復帰を目指してアメリカでリハビリを続けています!!
1月末頃には、MLSのDCユナイテッドが獲得に関心を示しているとニュースになりました!!
 
3人目 オグチ・オニェウ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元アメリカ代表ディフェンダーで、スタンダール・リエージュ、ニューカッスル、トゥウェンテ、ACミラン、スポルティング・リスボンなど、欧州の強豪クラブでプレー経験あり!!
ロングスローも武器の一つで守備組織の構築に長けたベガルタ仙台では良さが発揮できるのでは、と言われています。
 
4人目 ジャーメイン・ジョーンズ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
守備的MFとしての才能はもちろんのこと、もともとはフォワードだったこともあり攻撃センスも持ち合わせている選手です。
昨季まで外国人助っ人選手のダニルソンを中盤で起用した名古屋グランパスであれば、チームにフィットする可能性も!!
 
5人目 ロナウジーニョ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今年1月にエクアドルのバルセロナというクラブと契約したことで
大きな話題を呼びました。
しかし、これは1試合の親善試合限定での契約だったため、
再びフリーとなります。
実は、兄のアシスは現役時代にコンサドーレ札幌でプレーしており、
少なからず日本と縁がある。中国のクラブが狙っているという報道もあるみたいです。
Jリーグに来たら間違いなく盛り上がるでしょう!!
 
6人目 クリスティアン・レデスマ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
縁の下の力持ち的な選手!!
キャリアを通じて代表でのプレーには縁が少なく、2010年に生まれ育ったアルゼンチンではなくイタリア代表としてデビューを果たしました。しかし、結局ピッチに立ったのはその1試合のみに終わっています。
 
7人目 マルコ・モッタ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
モッタは身長184cmとサイズがあり、攻守ともに一定の能力を発揮し、両サイドをこなす優良なサイドバックです。
問題は高額な年俸で、ユベントスで出場機会が全くなかった所属最終年も年俸60万ユーロ(約8000万円)を受け取っています。
これはイタリア中小クラブではエース級で、買い手がつかなった原因となったひとつとも言われています。
 
8人目 エマニュエル・エブエ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
かつてアーセナルで活躍した32歳の
コートジボワール代表DFエマヌエル・エブエは現在フリーとなっています。
エブエは2005年から2011年までアーセナルに在籍していました。
チャンピオンズリーグ(CL)で存在感を発揮しチームの準優勝に貢献している。ゴール後の独特なダンスはファンの心を掴んでいました!!
 
9人目 ニコ・クラニチャル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中盤のポジションでゲームメイクができる選手です。
パスサッカーを掲げるサンフレッチェ広島ならチームにフィットするのでは!!
しかも相当なイケメンなので、Jリーグに来たら女性ファンは増えそうです!!
 
10人目 ジュリオ・バチスタ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後はこの男。
ポジションはトップ下またはセカンドストライカーを得意としており、高い得点能力を誇る。中盤の攻撃力に厚みを持たせたいクラブは、強力な補強になるかもしれません。
 
大物選手のJリーグプレーが叶えば
もっとJリーグが盛り上がると思います!!
 
(SHOTA)