自分だけのオリジナルカスタムキャップを作ろう !! "オリジナルイニシャルDAD HAT"

★ 7/4アメリカ独立記念日で着用される”2017 JULY 4TH STARS N STRIPES” ★

Thursday, October 6, 2016

Sports"未知数な新シーズン リングを持つテキサスの3チーム"

いよいよ今月25に新シーズンの開幕を迎えるNBA。

プレシーズンマッチも行われており移籍したスタープレイヤーも新たなチームのユニフォーム姿を披露しております。



ってことでニックスとプレシーズンを戦ったヒューストン ロケッツ
そしてダラス マーベリックスサンアントニオ スパーズのテキサスの3チームについて今日は書きたいと思います。

この3チーム、いずれもNBAファイナルチャンピオンに輝いている歴史ある強豪チーム。

ロケッツは1994、1995の連覇。


オラジュワン、ドレクスラーとまさにチームの黄金期でした。
"Clutch City(クラッチシティ)"なんて呼ばれてました。

マブスは記憶に新しい2011。

結成されたばかりのヒートの"スリーキングス"を打ち砕く予想を覆す優勝でした。

そして5つのリングを手にするスパーズ。

1999

2003

2005

2007

2014



強豪ひきめきあうウエスタンカンファレンスに所属するこちらの3チーム。

新シーズンはどういった戦いになるでしょうかね!

ってことでまずはロケッツ。

昨シーズン、マクヘイルが途中で解任され、今季からはマイク ダントーニが就任。
あのサンズの"ラン&ガン"の生みの親ですね。

懐かしい。。。。


ここ数年はニックス、レイカーズで結果が出せずダメなHCにイメージ。。。

コービーは幼少期、イタリアで彼のプレーに憧れてたとか。


やはり"ラン&ガン"で早いオフェンススタイルになりそうで、今やロケッツの絶対的エース、ジェームス ハーデンの得点力や巧みなドライブには有効に働きそうですね。
ハーデンのポイントガードでの起用なんかもほのめかしております。

ハーデン、今季はディフェンスもガンバ!

そしてロスターはというとハワードがいなくなったのは良かったと思いますw
先日のニックスとのプレシーズンではペリカンズから移籍してきたライアン アンダーソンが26ポイント、7リバウンドと期待通りの活躍を魅せましたね。
同じくペリカンズから移籍のゴードンにも期待。

左:ゴードン、左:アンダーソン

更にはパワーフォワード/センターのネネの加入もでかい!
チームプレーに徹するベテラン。この3人の補強は素晴らしい!

性格も◎ ハワード以上の貢献間違い無し。

更にはブリュワー、アリーザ、プリジオーニ等のベテランにビバリー、カペラ等有望な若手が揃っておりこれがダントーニとはまればロケッツ十分に上位狙えますね。



さて続いてはマブス。

2008年からの長期政権、マーク キューバン オーナーからの絶対的な信頼を得ているリック カーライルHC。

2011年の優勝後は主力選手移籍や選手の衰え、若手選手との入れ替えが中々うまくいかず苦しんでいる印象ですが、コービーやダンカン、KG等が引退する中まだまだチームの中心にいるのがダーク ノビツキー。

KDも参考にする得意のフェイダウェイ。

そろそろ中心に他の選手が立たなければなりませんが今季はうまくいくかも知れません。


今やリーグの顔となったスーパースター、
ステフィン カリー

の弟のセス カリー。

キングスから移籍してきてプレシーズン初戦のホーネッツ戦でいきなりの20得点!しかもスリーポイント5本とスプラッシュぶりをアピールしました。

そしてそのセスの兄、カリーと共にウォリアーズでチャンピオンに輝いたハリソンバーンズとアンドリュー ボガットがKD加入の煽りを受けて移籍。

ゆってもレギュラーシーズン最多勝チームのスタメンですからね。

しれっとクインシー エイシーなんかも加入してますね。

そしてチームにはデロン ウィリアムスやウェズリー マシューズ、JJバレア、デビン ハリス等ベテラン勢もしっかり揃ってます。(怪我だけが心配です。。昨年も一番の敵は怪我でした。。。)

私個人的に期待している若手、ドワイト パウエルの成長にも期待です!
パウエル、後ろー!




そしてテキサスシリーズ、最後はスパーズ

何と言ってもスパーズはチームの顔、そして精神的支柱でもあるティム ダンカンが引退しました。


ポポビッチも「彼の代わりはいない。」とダンカンがいないことをかなりなげいております。

東京五輪でUSAを率いるのはこの名将、ポポビッチです。

そんなダンカンの後がまとして昨シーズン加入したオルドリッジ、そして2014NBAファイナルMVP、ダンカンの後継者レナードがチームを引っ張る存在となる大事なシーズンになりますね。

時代はビッグ3からこの二人へ

昨シーズンはウォリアーズの陰に隠れてチーム最高勝率も樹立しましたがダンカン一人抜けただけでどうなるのか、全く未知数ですね。

そしてその代わりと言ってはなんですがそのぽっかり空いた穴に収まったのがこの男。


そう、こちらも勝利の味を知る男、パウ ガソル。
うーん、しっくりきすぎてる!w

そして更に手堅いこの男。


こちらもリング持ってます、デイビッド リー。

ダンカンが抜けてもパーカー、ジノビリ、ガソル、リーがしっかり脇を固めてれば今季も持ちがい無くスパーズは強そうですね。
ってかガソルとリーが加入ってもはやずるい!

この二人もラストシーズンになるかも!?!?

ベテランに負けず若いダニー グリーンやパティ ミルズ、カイル アンダーソン等には更なる成長に期待がかかりますね。


と言ったテキサスの3チーム、新シーズンが楽しみです!


(スタッフ鈴木)